仕事が嫌になって帰る時ってどんな状況?7つの状況と対処法

皆さんは仕事が嫌になって帰ってしまった経験はありませんか?
職場の環境や人間関係によってストレスがかかり、家に帰りたくなる経験があると思います。

実際に帰ったことがある人もいるのではないでしょうか?
私も仕事が嫌で帰った経験が何度かあります。

「やってられないわ、こんな仕事」

「なんで私ばっかりこんな目に・・・」

転職しても職場は違えど嫌なことがあると逃げるように早退をしていました。
ですが帰宅して少し冷静になると、

「あぁ何であんな事で帰っちゃったんだろ」

という途中で帰ってしまった事への後悔もしました。
そしてこうも考えました。

「他の人は仕事が嫌で帰ったりするのかな?」

となぜか同じ境遇の仲間を探してしまいがちになります(笑)

この記事を読めば仕事が嫌で帰りたくなる人の気持ちや、帰ってしまった場合の対応などをご紹介します。

仕事が嫌になって帰るときの7つの状況

仕事が嫌になって帰ってしまう状況は色々あるかと思いますが、私が体験したケースや同僚のケースも一例として挙げてみました!

  1. 上司に叱られた時
  2. 取引先からクレームがきた時
  3. 職場の人と口論した時
  4. 仕事の不慣れからくるストレスがひどい時
  5. 仕事の雰囲気や納期がある仕事に対してのプレッシャーがある時
  6. 過重労働で心身ともに疲れ切っている時
  7. 暇すぎる職場に配属した時

などがあります。

途中で帰ってしまうということはよほどの事がある場合が多いです。
クレームや上司からのお叱りなどは、過度なストレスになります。

一気に頭が沸騰して

Name
もういいっ!今日は帰ってやるっ!

となったり、新入社員として入ったばかりで極度の緊張からつい逃げ出したくなったり。

あるいはブラック企業で仕事が終わらず、長時間残業を強いられ鬱のような状態まで追い込まれるなど。
どれを取ってみても

「そりゃ帰りたくなるわ・・・。」

と共感してしまいますね。

私自身、仕事を放り投げ途中で帰った経験があります。

大学生時代のアルバイト先で、新人で間もないころからモラハラ上司がいました。
業務中に遠くから見ているのか、

「なんでそんなことすんの?意味わからないんだけど」

のような何とも具体的でなはい説教をよくされました。
ミスでもしたら裏へ連れていかれガミガミ言われたこともありました。

私が新人だからだろうと頑張って耐えていましたが、しだいに余裕がなくなり、

「もう今日は無理だ・・・帰ろう」

と途中で帰ってしまいました。
ですが、あとで冷静に考えてみると徐々に気持ちがざわついてきました(笑)

「帰っちゃった・・・はぁ・・・明日どうしよ」

となってくるもんです。

仕事途中で帰ったのかと職場の人の噂話の的にもなり得るわけですし、途中で帰ってしまうということは少なからず他の人にも迷惑がかかっているんですよね。

次章では迅速かつ上手くフォローして仕事に行きづらい気持ちが軽減される方法をご紹介します♪

仕事が嫌になって帰った後はスピーディな対応が重要!

早めに職場に電話して謝罪しましょう

帰宅して気持ちが落ち着いたら早めに会社に電話しておきましょう。
まずは途中で帰ったことの謝罪をします。

少なからず迷惑がかかっているはずですから。
今後どうしていくかの話などが持ちかけられるかもしれません。

続けていく意思があるかないかだけでもしっかり考えを整理して
上司に伝えましょう。

同僚にも連絡が取れる場合はフォローしましょう

連絡先がわかる同僚などにも一言伝えておきましょう。

今後も関わりがある職場の人間にはしっかりフォローしておくことで仕事をするうえで円滑に仕事が進むようになります

私も次の日かなり緊張しながら出勤しましたが、事前に連絡を入れていたおかげでスッと受け入れてもらえました。

事情を知ってもらえれば分かってくれる人はちゃんといますよ。

次の仕事までに気持ちの整理をしておこう

帰ってしまった日は興奮状態のため、冷静な判断が出来ません。
とはいえ次の日も仕事の場合も多いでしょう。

夜はゆっくりお風呂に入りリラックス・・・♪
好きな食べ物、好きな音楽で幸せホルモンを全開にしていきましょう。

明日は明日の風が吹く
気持ちのリセットが大事です。

仕事が嫌でも帰らずに思いとどまれる方法

仕事が嫌で帰ってしまう癖を改めよう

何かあると帰ってしまう行動にも実は癖がつきます。
くつろげる場所に行けば気持ちも楽になれますからね。

ですが1回だけならまだしも何か嫌なことがある度に帰っていると、さすがに会社から問題視されてしまいますし、フォローしてくれていた同僚も愛想が尽きてしまいます。

帰りたくなってもまずはいったん思いとどまりましょう。
家に帰らず、その場から離れるだけでも落ち着きます。

私はイライラで爆発しそうな時はトイレやロッカールームに行って気持ちを落ち着かせていました。
涙が出るほど怒っていても少し時間が経てば冷静になれます。

上手く感情のコントロールをしよう

仕事が嫌になって帰りたくなる時の感情とは怒りや悲しみ、焦り、恐怖などがあげられますね。

怒りや悲しみに支配されてしまうのも、前向きな気持ちで職場にとどまるのも、自分の気持ち次第なのです

気持ちを落ち着かせる方法として

  1. 外の空気を吸いに出る
  2. 深呼吸する
  3. ポジティブ思考に切り替える

などがあります。

上記3つは私がよくやっていた方法になりますが、このおかげで気持ちの切り替えができ、仕事を前向きに受け止められるようにもなりました。

気分転換に外の空気を吸いに出てみましょう。そしてゆっくり深呼吸して

「大丈夫大丈夫、何とかなる!」

を頭の中でもいいので唱えてみてください。
その日はこれで切り抜けられます♪

まとめ

  • 仕事が嫌になって帰ってしまう時の状況は7つある
  • 仕事が嫌になって帰った後は早い対応が必要
  • 仕事が嫌でも会社に踏みとどまれる方法

今回は仕事が嫌で帰る人の考え方やその後の行動に役立つ記事を書きました。
いろんな理由で家に帰りたくなる衝動に駆られることもあるでしょう。

ですが逃げてばかりではいけないこともきっと頭の中では理解しているはずです。

仕事が嫌で帰りたくなる理由を見極めて、感情のコントロール方法を試してみてください。

きっと前向きな気持ちになって仕事に向かっていけますよ。

仕事に縛られない自由な未来へ

ここまでお読みいただいた方は、今の仕事をできれば辞めたいと考えているのではないでしょうか?

でも家族もいるし、辞めたら生活できないし・・・。
などとお考えで、仕事は嫌だけど辞めることができないとお悩みのことだと思います。

ですが、今の給料どころかそれ以上に収入があったらいかがでしょうか?
しかも今より時間的拘束もなく、好きな時に好きなことができて、いつでも趣味の時間が作れて旅行も行き放題!

「いやいや、そんな夢のような話あるわけないでしょ・・・。」

ってお考えの方、ごもっともです。
しかし、今から私がする話はある方法で、まさにその「夢のような話」を現実のものとしています。

そのある方法とは・・・ずばり、外注を使うことなんです!
外注についてご存知ない方のために簡単に説明しますと、自分がしたくない仕事や、時間がなくてできない仕事をお金を払って人にお願いすることを外注と言います。

ただし、知識がない状態で外注を使うだけでは無駄に浪費して、余計にお金がなくなってしまう可能性もあります。
ですが、外注を専門的に学ぶことで、めちゃくちゃ安く人にお願いできる上に自分の時間が10倍以上に増えるんです!

なので今の仕事が嫌なら、外注を使い倒して起業してみませんか?

事業内容に悩む必要もありません。
なぜなら、成功している人がやっているビジネスを真似するだけで良いからです。
どんなビジネスを始めればいいのか、何から手を付ければいいのかわからないという心配は無用です。

そして今なら、私たちの考え方や成功への秘訣が詰まった書籍を無料で提供しています。
この機会に、自分自身でビジネスを始めるための第一歩として、ぜひご利用ください。

 

 

そして今なら無料オープンキャンパス(無料ライブセミナー)をオンラインで開催しており、そこで現在ビジネスについて悩んでいる問題についての質問をすることもできます。
もちろん、知識や情報を惜しみなく共有し、皆さんの疑問に答えます。

そして、このオープンキャンパスは完全無料でご提供しており、強引な勧誘は一切ありません。
外注化を学ぶことで、まるで1日が240時間あるかのように、時間を有効に使えるようになります。

家族のため、そして自分自身のためにも、今の満足できない仕事環境から一歩踏み出し、自由な時間と増え続ける収入を手に入れるチャンスを掴んでみませんか?
夢を現実に変える第一歩を、私たちと一緒に踏み出しましょう!

さらに詳細を知りたい方は、以下の無料オープンキャンパスにご参加ください。